きな粉でイソフラボン摂取!ぺちゃぱい対策に!

ぺちゃぱい対策にイソフラボンが有効なのは、もう女性の一般常識ですよね。

イソフラボンは大豆製品に含まれるフラボノイド(色素成分)の一つで、エストロゲンと言う女性ホルモンとよく似た働きをします。

エストロゲンは乳腺を発達させるホルモンなので、それに代わるイソフラボンをたくさん摂ればバストアップが期待できるという事です。

大豆食品は日本人にはなじみ深い食品なので、普段の食事に上手に取り入れていきたいですね。

中でも黄な粉はそのほかの大豆製品に比べて、イソフラボンの含有量がダントツなんです。

納豆の3倍です、豆腐の9倍、おからの20倍の量です。

黄な粉は粉末状なので、持ち歩きも簡単、いつでもどこでも食べられるところもうれしいです。

一度に大量には食べられない分、こまめに食べることが大切です。

黄な粉はほかの大豆製品と違い、スィーツやドリンク、お菓子にも使うことができメニューも多彩です。

たとえば大豆ミルクドリンク。

人肌に温めた牛乳に、黄な粉とお好みではちみつなどを入れたイソフラボンドリンクです。

甘い香りと優しい味、小腹がすいたときのおやつ代わりにも重宝します。

溶けきらずにカップの底に残った黄な粉も、しっかりと食べてくださいね。ぺちゃぱいの対策に色々自分でできる食生活あります!

納豆がおっぱいを大きくするのによい理由

おっぱいを大きくするのに必要なのが、女性ホルモンとタンパク質です。女性ホルモンの働きよくして、タンパク質も含んでいるのが大豆です。豆腐、ゆば、味噌など数多くの大豆製品がありますが、特によいのが納豆です。

豆類は消化が悪く、ゆでたり蒸しただけの大豆は消化が不十分になりやすいです。しっかり消化できないとタンパク質を体が利用できません。納豆は納豆菌の力で発酵してタンパク質が分解されているので消化によいです。

豆腐は柔らかくて消化によいといわれていますが、大豆にはタンパク質の消化を阻害する成分が含まれているため、豆腐はあまり消化によくありません。発酵させると消化を阻害する成分はなくなります。

食べたものは胃で消化されて腸で吸収され、腸が汚れていると吸収が悪くなります。納豆に含まれる納豆菌の働きで腸内環境が整います。納豆は1パック3g程度の食物繊維が含まれていて、繊維が豊富な食品です。食物繊維が腸の動きを活発にします。きれいになった腸なら、おっぱいを大きくするのに必要な栄養をしっかり吸収できます。

大豆にはイソフラボンという女性ホルモン様物質が含まれていて、不足している女性ホルモンの働きを補うように働きます。女性ホルモンの働きがたかってバストアップが期待できます。

魚はおっぱいを大きくするによいタンパク質源

おっぱいを大きくするにはタンパク質が必要です。タンパク質はホルモンや細胞の原料になったり、コラーゲンを作るのにかかせません。いくらバストアップサプリを飲んでも、タンパク質が不足しているとおっぱいを大きくするのは難しいです。

タンパク質が豊富に含まれる食品は、肉・魚・卵・乳製品などありますが、とくにおすすめは魚です。

肉や卵などには飽和脂肪酸が多く含まれていて、摂りすぎると血液がドロドロになります。ドロドロした血液は流れが悪く、体の隅々に酸素や栄養を届けることができません。おっぱいを大きくするのに必要な栄養や女性ホルモンが届きにくくなるのです。

魚にはDHAとEPAという血液をサラサラにする良質な油が含まれています。血液サラサラでおっぱいを大きくするのに必要な成分が届きやすくなります。DHAとEPAは細胞膜の原料になって、ツヤツヤな肌を作る働きもあります。良質な油なので太りにくいです。

タンパク質は熱を加えると変性して消化が悪くなります。きちんと消化できないと吸収が悪くなり、体がうまく利用できません。生で食べた方が消化によいのですが、肉は衛生面が心配です。乳製品は加熱されています。生卵の白身にはタンパク質の分解を阻害する成分が含まれています。魚なら刺し身で生で食べられるので、消化によいです。

私が実践している簡単に腹筋を鍛える方法やお腹をへこます方法について

おそらくたくさんの女性の方が、もっとお腹をへこませることができればいいのになと思っているでしょう。

どうしても細いウエストというのは憧れますし、あの女性のようにステキなお腹になりたいという方も少なくはないはずです。

そこで、誰にでもできる簡単にお腹をへこませる方法をご紹介します。当然、腹筋をジムなどで鍛えたり、自宅でも器具などを用いてするのも有効的ですが、やはり、もっと簡単なものがいいですよね?
ま、EMSマシン(参/スレンダートーン 口コミ)は着けているだけなので一番簡単なんですけど。

それは、軽くお腹を叩くことです。あまり強くやると痛いので、ちょっと控え目にグーでお腹に向かってコツく感じでやります。これは食べ過ぎた場合やお腹が少しでてきたかも、というときにしてください。

食べた後すぐだとまずいので、できれば一時間以上経ってからにしましょう。

これを毎日続けていくことで、多少は効果が表れます。もちろん、一日二日では無理ですが、

ある程度の期間をやり続けていれば、お腹が急にへっこんできたかもしれないとなるのです。この簡単な方法で、少し膨らんでしまったお腹を簡単にへこますことも可能なのです。お腹が出ているよりは、やっぱり、引き締まったステキなお腹がいいですよね?

健康に気を使う女性もますます増えてきましたし、あなたもぜひやってみてください。ちょっとでもお腹がへこんだら嬉しいですよね。引き締まった魅力あるボディを目指し、お腹コツコツ叩く運動を今日からしてみてください。

豆腐のイソフラボン効果に期待しています

バストアップするためには特定の食べ物が有効だと言われています。たとえばザクロは昔からバストアップに効果があると伝えられている食べ物です。わたしはザクロという果物をこれまでそれほど食べたことがないので、バストアップにザクロがなぜいいのか勧められているのか確かなことはわかりません。ただ、ザクロの中に入っている成分というか栄養が、バストアップに効果がありそうだということはわかります。

実際に山の近くに住んでいてザクロの木が近くにあるとか、ザクロがたくさん採れる地方に住んでいる女性は、普段からザクロをたくさん食べてバストアップ効果を感じることもできると思います。ですが、わたしが住んでいる周囲にザクロはありませんし、スーパーマーケットにもザクロが売ってない状態では気軽に試すことができません。ザクロでバストアップしたいと思ったら、ザクロの成分が入ったバストアップサプリメントを摂るしかないのです。

それでもバストアップサプリメントというものは価格が高いのでそう簡単に買って試すわけにはいきません。バストアップサプリメントの中にはザクロ抽出液の他にもいろんな有効成分が入っていると思いますが、値段が高くては続けたくても続けることができません。

そこでわたしは豆腐を毎日食べることでバストアップにチャレンジすることに決めました。豆腐は味にクセがなくてどんな料理とも相性がいいので好きな食品のひとつです。ただ毎日きちんと食べることができるかどうか心配でしたが、ここ数か月間毎日のように豆腐を食べ続けることができています。バストアップ効果はまだ出てきていないけれど、豆腐のイソフラボン効果がそのうちバストアップにつながると良いな~と思いながら、これからも食べ続けたいと思っています。